みね内科循環器科クリニック

みね内科循環器科クリニック

MENU

コラム

COLUMN

学校健診・職場健診で心雑音を指摘されたら

こんにちは。

学校や職場の健診で「心雑音あり」と診断を受けられた多くの患者さんが当院を受診されています。

心雑音は放置可能な状態から、すぐに治療が必要な状態までさまざまです。そして、心エコー検査が最も有効な検査方法です。

本日はこの心雑音についてお話ししたいと思います。

 

まず、心雑音ですが心臓内で生じるものと心臓外で生じるものがあります。

心臓内で生じるものは主に血液や心臓の弁が音源になっています。

また、心臓外で生じるものは心臓を包む心膜という薄い膜が原因でおこります。

血液の流れが速くなったとき、心臓の弁の開閉が悪いとき、心臓の壁や血管に穴があいている時などに生じます。

 

心雑音の原因としては、僧帽弁閉鎖不全症や大動脈弁狭窄症などの心臓弁膜症や心房中隔欠損症などの先天性心疾患や閉塞性肥大型心筋症などの心筋症や心膜炎などの心臓の病気が挙げられます。

 

ただ、心雑音は心臓に全く病気がない場合、あるいは心臓以外に原因がある場合にも生じます。

例えば、診察や検査などで緊張すると血流が速くなり雑音が現れることがよくあります。

心音の異常を伴わない、やわらかい雑音で、これを「機能性雑音」とか「無害性雑音」といいます。しばしば見られますが、心配いりません。

 

心雑音を指摘された場合は、循環器専門外来の受診し心臓エコー検査をうけることをお勧めします。

コラムカテゴリー